葬儀の香典のこと

葬儀の香典に関する知識

葬儀の香典のお返しの知識

最近、関西の葬儀では故人の遺志だとして、香典を受け取らないケースが増えていますが、関東ではまだまだそうした習慣は広まっていません。関西でも、関東でも葬儀時に頂いた香典のお返しとしては、四十九日が過ぎた頃に、頂いた額の半分の金額の品物を返すのが一般的な習慣となっています。お返しの品物の熨斗の表書きには満中陰志と記載し、あいさつ文を同梱するのが普通です。この満中陰志と言う表書きの意味は、中陰と言うのが四十九日の事で、満中陰はその喪が明けた事を表し、志は感謝の気持ちを表す言葉で、無事に四十九日を迎えられた事に対する感謝の印と言う意味です。

香典に関するマナーとは

香典は参列者の志で葬儀を行う意味でお渡しするものです。結婚のご祝儀よりも少ない額で3,000円から5,000円くらいでいいでしょう。新札ではなく折り目のついたお札を用意します。お通夜に行かれる場合はその際に渡されても構いません。黒と白の水引の袋を用い、薄墨で表書きの中央上部にお香典、その下に姓名を記入し裏面の左下に金額を記入します。神式で行う場合には表書きは御玉串料と記入します。袋のままではなく、喪の場合は紫か深緑の袱紗に包んで持っていき、葬儀に出席される際は、受付で参列者名簿に記名をした後にお渡しします。

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀の香典に関する知識 All rights reserved